19850830-matsumoto-goshi
by matsumo54
カテゴリ
M
A
N
P
T
以前の記事
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
---m-1---dadaism
友人に誘われ、親不孝のBASEで開催されるイベント、dadaismに行ってきました。
今回はSoloal-One a.k.a. Olive Oil & DISC SYSTEM meets INNER SCIENCE Release Partyということで、僕はぶっちゃけ、全く知らない方々ばっかりだったんだけど、まあ、大体8人くらい順番でやってて、それがみんながみんな質の高いLIVEをやることに正直驚いた。

主催者側から言わせたら、当たり前だろ、なめんなよって感じだろうけど。


とにかく、久しぶりに、音楽をカッコいいと心から感じることができた、メチャメチャ楽しいイベントだった。



それにしても、時間って不思議。って小学生の女の子みたいなことをフと思った。
長いくせに薄い時間とか、短いのに濃い時間。っていうのは本当にあって、最近は時間の前後が不明になるような精神病みたいなことも時々起こるし。笑

結局、時間ていうのは人間の理性(みたいなもん)が作り出しているんだと思う。
いろいろ、物理的な話で反論したい人もおると思うけど、僕はよくわからんからそれに対していちいち答えることはできんけど、時間というのは結局、人間が生きていくために作り出した概念に他ならないと、どうしても考えている。

時計とかその他、時間そのものであると考えられるものは、時間という概念に適応する“何か”を計測する道具に他ならないんじゃないかと。知識とボキャブラリーがないので、その、“何か”を言い表すことができないのがもどかしいが、そう考えているわけです。



ていうのは、ライブの爆音の中で、「さっき起こっていたコトとか今日の朝起きたコトとかっていうのは、仮に昨日とか去年に起こったコトであっても、基本的に意味としては全く変わらないコトなんだろうな。」みたいなのを感じたから。そして、そういうコトっていうのは僕の生きてる中で意外にたくさんあるのではないかと。むしろそういうコトばかりなのではないかと。

ちょっとわけが分かりませんが、理性(みたいなもん)というのは、バラバラに存在しているコトを、見事に時間という軸に並べて行ってるんだろうな。すごいな。ということです。

まあ、その理性(みたいなもん)のせいで、歳をとるとか、死ぬとか、憂鬱な思いをするわけだけどね。笑
昨日は、ほんのちょっとだけだけど、時間って言う軸があやふやになったようで、気持ちがよかったわけです。


c0095965_229498.jpg
c0095965_2291915.jpg

[PR]
by matsumo54 | 2007-11-12 02:29 | M
<< ---p-3---071115 ---p-2---森山大道写真展 >>